キャスポ

スポーツ専門 アスリート派遣サイト「キャスポ」

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • S__43843615
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • S__43843615

三元 大輔

Daisuke Mitsumoto

競技:車いすバスケットボール


アメリカで培った経験をもとにパラリンピックを目指す

競技:車椅子バスケットボール
所属企業:リーフラス株式会社
16歳で癌を発症し、1年以上の闘病の末、癌を克服しますが、車椅子の生活を送ることとなりました。2009年、大学進学に伴い、部活感覚で車椅子バスケを始めると、異例の速さで頭角を現し、翌年には全国ジュニア選抜車椅子バスケットボール大会で優勝、ベスト5に選出され、U-23日本代表に。
2013年には、アメリカの車椅子バスケの環境に感銘を受け、翌年、大学卒業を機に単身渡米。アリゾナ大学で3シーズンを過ごし、チームの全米ベスト4入りに貢献しました。この活躍が、名門テキサス大学のコーチの目に止まり、2016シーズンから特待生としてテキサス大学に所属し、日本人史上3人目となる全米大学選手権優勝。
2019年より東京へ拠点を移し東京五輪、パリ五輪に向けて活動中。最近では、車椅子バスケットボール全米選手権に挑戦するアメリカ人選手に密着したドキュメンタリー映画「THE REBOUND」のプロデュースに参画し、昨年8月、東京都八王子市で上映会が催されました。

生年月日
1989年8月22日
出身地
滋賀県
競技
車いすバスケットボール
受けている仕事内容
講演, トークショー, イベント, スポーツ体験教室, 広告
現在の職業
現役選手

活動実績と演目

  • 【演題例】
    「自分の居心地の良いポジションからのチャレンジ!」
    16歳で癌(ユーイング肉腫)を発症し、克服するも障がいが残り車椅子生活となる。
    そんな中、大学で車椅子バスケットボールと出会い競技を始めると頭角を現し、翌年には全国大会優勝を果たす。その後、アメリカでの車椅子バスケに感銘を受け単身渡米。テキサス大学アーリントン校からアスリート特待生として招待され、移籍一年目で日本人史上3人目となる全米大学選手権優勝。
    講演ではテーマにもある、チャレンジし続ける事が「居心地のいいポジション(コンフォートゾーン)」を広げ、人間関係や周りの環境を向上させ自身の成長にも繋がる。体系的にチャレンジし続ける姿を包み隠さずお伝えします!

略歴

  • 2005年 癌(ユーイング肉腫)の発症
    2009年 車椅子バスケを始め、埼玉ライオンズに所属
    2012年 イリノイ大学エリートキャンプに招集
    2013年 アリゾナ州立大学へバスケ留学
    2016年 テキサス大学へ特待生として転校
    2019年 東京のクラブチームで活動

主な成績

  • 2010年 全国ジュニア選抜車椅子バスケットボール大会 優勝/BEST5
  • 2011年 全国車椅子バスケットボール大学選手権 優勝/BEST5
  • 2012年 Fazza International Wheelchair basketball Championship U-23日本代表 銅メダル
  • 2012年 韓国 DAEGU CUP International Invitation 日本代表
  • 2012年 全国ジュニア選抜車椅子バスケットボール大会 優勝
  • 2012年 全国車椅子バスケットボール大学選手権 3位/BEST5
  • 2015年 車椅子バスケットボール全米選手権 4位
  •      内閣総理大臣杯争奪 日本車椅子バスケットボール選手権大会 準優勝
  • 2016年 車椅子バスケットボール全米選手権 best4
  • 2017年 車椅子バスケットボール全米大学選手権 優勝

メディア出演

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。

イベントやセミナーをはじめ、様々な場面でアスリートを派遣したい。
でも、どのように依頼していいのかわからない…、という方は、まずお気軽にご連絡ください。

03-5537-8463

受付時間:9:30 - 18:00(土日祝日を除く)