キャスポ

スポーツ専門 アスリート派遣サイト「キャスポ」

  • adachi
  • adachi

安達 阿記子

Akiko Adachi

競技:ゴールボール


世界最強ジャパンのストライカー

14歳のときに病気のため右目が視覚障害になる。
その後20歳のときに左目も視覚障害に。
2006年に国立福岡視力障害センターへ入所した際、ゴールボール競技と出会う。
その翌年にはブラジルでの世界選手権、2008年には北京パラリンピックに出場。

その後も海外遠征で試合を重ね、2012年ロンドンパラリンピックの日本代表選手として選出され、本大会で悲願の金メダルを獲得。パラリンピックの団体競技における日本の金メダル獲得は史上初の快挙である。
2015年、IBSA ゴールボールアジア・パシフィック選手権大会優勝。2016年リオデジャネイロパラリンピック出場権獲得。

選手活動の傍ら、ゴールボールの普及や「心のバリアフリー」推進のため、各地での講演や競技体験会などを実施。自身のこれまでの人生から、「できること」に注目する重要性や夢を持つことの尊さ、あきらめないことの大切さを伝えている。アスリートとしてのストイックな姿勢を持つ反面、穏やかで謙虚な人柄により、学校での特別授業の人気が高い。

生年月日
1983年9月10日
出身地
福岡県
競技
ゴールボール
受けている仕事内容
講演, トークショー, イベント, スポーツ体験教室, 広告
現在の職業
現役選手

活動実績と演目

  • 【演題例】
    ・夢に向かって
  • 【主な講演歴】
    ・福岡県久留米市 家庭教育学人権講座
    ・福岡県私立柳川高等学校
    ・立命館大学産業社会学部
    ・福岡県八女市立立花中学校
    ・東京都練馬区立豊玉小学校
    ・宮城県障害者総合体育センター 障がい者スポーツ体験会
    ・慶応義塾大学医学部リハビリテーション医学会学術集会
    ・埼玉県所沢市立南小学校、北秋津小学校、牛沼小学校
    ・宮崎県立宮崎工業高等学校
    ・宮崎県立明星視覚支援学校、宮崎県立宮崎北高等学校、宮崎県立みやざき中央支援学校、宮崎県立児湯るぴなす支援学校
    ・埼玉県新座市立東北小学校(立教大学コミュニティ福祉学部主催)

略歴

  • 1997年 病気の発症により、右目が視覚障害になる
  • 2002年 左目も視覚障害になる
  • 2006年 福岡視力障害センター入所(ゴールボールをはじめる)
  • 2007年 第3回IBSA世界選手権大会(ブラジル・サンパウロ) 出場
  • 2008年 北京パラリンピック 出場
  • 2009年 リーフラス株式会社 入社
  • 2010年 アジアパラ競技大会 出場
  • 2012年 ロンドンパラリンピック 出場
  • 2014年 インチョン2014アジアパラ競技大会 出場
  • 2015年 Malmo Lady Inter Cup 2015 Goalball tournament 出場
         IBSA ゴールボールアジア・パシフィック選手権大会(中国・杭州) 出場
  • 2016年 リオデジャネイロパラリンピック 出場
  • 2017年 日本ゴールボール選手権大会 出場(女子選手/男子監督)
  • 2018年 日本ゴールボール選手権大会 出場(女子選手/男子監督)

主な成績

  • 2008年 北京パラリンピック 7位
  • 2010年 アジアパラ競技大会2位(中国・広州)
  • 2012年 ロンドンパラリンピック競技大会(女子団体ゴールボール) 金メダル
  • 2014年 インチョン2014アジアパラ競技大会 銅メダル
  • 2015年 Malmo Lady Inter Cup 2015 Goalball tournament 銅メダル
  •      IBSA ゴールボールアジア・パシフィック選手権大会 優勝
  • 2016年 リオデジャネイロパラリンピック 5位
  •      所沢市スポーツ大賞「優秀選手賞」受賞
  • 2017年 日本ゴールボール選手権大会 優勝
  • 2019年 平成30年度 所沢市スポーツ大賞「優秀団体賞」受賞(国リハLadiesむさしずく)

メディア出演

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。

イベントやセミナーをはじめ、様々な場面でアスリートを派遣したい。
でも、どのように依頼していいのかわからない…、という方は、まずお気軽にご連絡ください。

03-5537-8463

受付時間:9:30 - 18:00(土日祝日を除く)