キャスポ

スポーツ専門 アスリート派遣サイト「キャスポ」

官野 一彦

Kazuhiko Kanno

競技:車いすラグビー


千葉県に生まれ、幼い頃からスポーツが大好き。高校生までは野球に打ち込み、強豪校である木更津総合高校にスポーツ推薦で入学し1年生の頃からレギュラーで活躍する。高校卒業後はサーフィンを始めるが、22歳の時サーフィン中の事故により頸椎を損傷。一命は取り留めたものの障害を負い車いす生活を余儀なくされた。
非常なポジティブな性格から、入院中「俺は車いすバスケで日本代表に選ばれてその翌年にはテレビデビューで有名になる!」と宣言。
2006年、知人に誘われ車いすラグビーを始める。スピーディーな展開と、激しいタックルに魅了され競技の虜となった。競技を初めて1年という早さで日本代表に選出される。しかし2010年には一度日本代表から落選、再び日本代表復帰を目指しトレーニングに励む。翌年2011年に日本代表に復帰し、パラリンピックに2大会連続出場。2016年に開催されたリオデジャネイロパラリンピックでは日本車いすラグビー史上初の銅メダルを獲得する。
千葉県を拠点にする車いすラグビーチームがなかったが、 自ら選手、スタッフを募りRIZE CHIBAを設立。チーム代表としてチームをまとめた。
2020年、車いすラグビーからの引退を宣言。現在は他種目でパラリンピック出場を目指し活動中。

生年月日
1981年8月1日
出身地
千葉県
競技
車いすラグビー
受けている仕事内容
講演, トークショー, イベント, 競技者向けクリニック, 広告
現在の職業
スポーツ文化人

活動実績

  • 【講演/演題例】
    ■不便だけれど不幸じゃない
    ■夢をかなえるには ~苦しい時のあと一歩!~
    ■強いチームへ ーリーダのあるべき姿とはー
    など
  • 【イベント出演歴】
    ■未来への道 東北1000キロ縦断リレー
    ■中野区パラリンピックイベント
    ■トヨパラinエディオンアリーナ大阪
    ■新宿区×よしもと ワクワク!スポーツ体験プロジェクト
    ■チャレスポTOKYO2018
    ■BAYSIDE HOTEL AZUR takeshiba2019夏休みスペシャルイベント
    ほか

略歴

  • 2004年 事故により車いす生活になる
  • 2006年 車いすラグビーチーム「BLITZ」 入団
  • 2007年 日本代表 初選出
  • 2012年 ロンドンパラリンピック 出場
  • 2013年 車いすラグビーチーム「RIZE CHIBA」設立、移籍
  • 2014年 世界選手権(オーデンセ) 出場
  • 2016年 リオデジャネイロパラリンピック 出場
  • 2017年 「St. Louis Rugby Spartans」(ミズーリ州セントルイス) 加入
  • 2018年 「Tampa Generals Wheelchair Rugby」(フロリダ州タンパベイ) 加入
         世界選手権(シドニー) 出場
  • 2019年 全米選手権 出場(Tampa Generals Wheelchair Rugby)
        「BLITZ」 再移籍
  • 2020年 現役引退

主な成績

  • 2012年 ロンドンパラリンピック 4位入賞
  • 2014年 世界選手権(オーデンセ) 4位入賞
  • 2015年 アジアアセアニアゾーン選手権 優勝(Best Player賞 受賞)
  • 2016年 リオデジャネイロパラリンピック 銅メダル
  •      カナダカップ 3位
  • 2017年 アジアオセアニアゾーン選手権 2位
  • 2018年 ジャパンパラウィルチェアラグビー競技大会 優勝
  •      世界選手権(シドニー) 金メダル
  • 2019年 Wheelchair Rugby Quad Nations 優勝

メディア出演

  • ■NHK「ひるまえほっと」「首都圏ネットワーク」
  • ■TOKYO MX「カウントダウンTOKYO」
  • ■NHK BS1「武井壮が挑む!パラスポーツ 車いすラグビー」
  • ■BS朝日「withチャレンジド・アスリート」
  • ■J:COM「千葉情熱アスリート」「スポーツの力」

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。

イベントやセミナーをはじめ、様々な場面でアスリートを派遣したい。
でも、どのように依頼していいのかわからない…、という方は、まずお気軽にご連絡ください。

03-5537-8463

受付時間:10:00 - 18:00(土日祝日を除く)