アスリート派遣サイトならキャスポ(CaSpo)

スポーツ専門 アスリート派遣サイト「キャスポ(CaSpo)」

宮澤 崇史

Takashi Miyazawa

競技:自転車競技


ロードレース

高校生でシクロクロス世界選手権に出場、卒業後はイタリアのチームに所属しロードレーサーとしての経験を積む。しかし2001年22歳の時に母に肝臓の一部を生体移植で提供、手術のハンディで成績振るわず戦力外通告によりチーム解雇。その後フランスで単独活動、オリンピック出場や 日本チャンピオン、アジアチャンピオンなどの実績を重ね、2012年(34歳)からは国際自転車競技連合における最もカテゴリの高いプロチームに2年間在籍。18年間の海外レース活動を経て、2014年に引退。イベント出演、講演、開発アドバイザー、チーム監督、料理本出版、テレビ解説など現在も多岐にわたり活動中。

生年月日
1978年2月27日
出身地
長野県
競技
自転車競技
受けている仕事内容
講演, トークショー, 体験教室, 競技者向けクリニック, 広告
現在の職業
スポーツ文化人, 解説者, 指導者

活動実績

略歴

主な成績

  • 2006~2007年 ツールドおきなわ 大会史上初の2年連続優勝
  • 2007年 アジア選手権優勝 アジアチャンピオン
  • 2008年 北京オリンピック出場
  • 2008~2009年 ツールド北海道 大会史上初2年連続総合優勝
  • 2010年 全日本選手権大会優勝 全日本チャンピオン
  • 2010年 アジア競技大会出場(アジアオリンピック)銀メダル獲得
  • 【優勝回数】 19回
  • 【日本代表選出】 世界選手権5回、オリンピック1回、アジアオリンピック2回

メディア出演

  • 2013年 Yahoo主催「ツール・ド・東北2013」のアンバサダー就任
  • 2014年 「サイクルモード開催10周年記念シンポジウム」
  • 2015年 フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」 『母とつかんだ夢★前人未到!日本一への挑戦』

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。

イベントやセミナーをはじめ、様々な場面でアスリートを派遣したい。
でも、どのように依頼していいのかわからない…、という方は、まずお気軽にご連絡ください。