キャスポ

スポーツ専門 アスリート派遣サイト「キャスポ」

  • 水鳥1
  • PC7T2787
  • PC7T2610
  • 水鳥1
  • PC7T2787
  • PC7T2610

水鳥 寿思

Hisashi Mizutori

競技:体操


体操競技

両親ともに元体操選手でクラブを経営。6人いる兄弟も、そのほとんどが体操選手というまさに体操一家で育つ。華々しい成績の兄弟に対し、結果が出ない苦悩の中、高校進学をきっかけに実力をつけ始める。3度にわたる大怪我で選手生命を危ぶまれたが、克服して日本代表に選出。アテネ五輪団体決勝でつり輪に出場したほか、世界選手権でも数々のメダルに輝いた。ロンドン五輪最終予選を最後に引退。史上最年少の32歳で日本体操協会の体操男子団監督・強化本部長に抜擢され、2015年世界選手権では37年ぶりの団体金メダルに導いた。リオデジャネイロ五輪では自身が選手として獲得したアテネ五輪以来12年ぶりの団体優勝を収めた。

生年月日
1980年7月22日
出身地
静岡県
競技
体操
受けている仕事内容
講演, トークショー, イベント, スポーツ体験教室, 広告
現在の職業
指導者

活動実績と演目

  • 【役職】
    ■慶応義塾大学 総合政策学部 専任講師
    ■公益財団法人日本体操協会 男子強化本部長
    ■公益財団法人日本体操協会 常務理事
    ■公益財団法人日本オリンピック委員会 選手強化本部 常任委員
    ■公益財団法人日本オリンピック委員会 専任コーチングディレクター トップアスリート担当
    ■株式会社河合楽器製作所 カワイ体育教室チーフアドバイザー
  • 【イベント出演】
    ■東京都 こころの東京革命「こころのチャレンジプロジェクト」 講師
    ■エコッツェリア エコキッズ探検隊・体力ワークショップ「これで完璧!跳び箱はこう跳べ」
    ■WANGAN ACTION スポーツアカデミー 体操教室講師
    ■横浜ベイクォーター「ENJOY SPORTS DAYS」 体操教室講師
  • 【演題例】
    「オリンピックへの道~最高のパフォーマンスを発揮するには~」
    =オリンピックを目指し、そして「夢」をかなえた金メダリストが通った道や指導者に対しての思いや「夢」を達成するための方法など。

略歴

  • 2002年 日本代表 初選出
  • 2004年 アテネオリンピック 出場
  • 2005年 世界選手権 出場
  • 2006年 世界選手権 出場
  • 2007年 世界選手権 出場
  • 2012年 現役引退
         日本体操協会 男子体操競技強化本部長・代表監督就任

主な成績

  • 【現役】
  • 2001年 北京ユニバーシアード(団体)銀メダル
  • 2002年 釜山アジア大会(団体)銀メダル、(個人総合)5位入賞
  • 2004年 アテネオリンピック(団体)金メダル
  • 2005年 メルボルン世界選手権(個人総合)銀メダル
  • 2006年 オーフス世界選手権(団体)銅メダル
  •     アジア大会(団体)銀メダル、(個人総合)銀メダル、(鉄棒)金メダル
  • 2007年 シュトウットガルト世界選手権(団体)銀メダル、(個人総合)銅メダル、(ゆか)銅メダル、(鉄棒)銅メダル
  • 2010年 広州アジア大会(団体)銀メダル、(個人総合)銅メダル
  • 【指導者】
  • 2014年 世界選手権(団体) 銀メダル
  • 2015年 世界選手権(団体) 金メダル
  • 2016年 リオデジャネイロオリンピック(団体) 金メダル
  • 2018年 世界選手権(団体) 銅メダル
  • 2019年 世界選手権(団体) 銅メダル
  • 【受賞歴】
  • ■紫綬褒章
  • ■JOCスポーツ賞・年度賞 特別栄誉賞(体操競技男子団体チーム)
  • ■JOC オリンピック特別賞(体操・男子団体総合)
  • ■読売新聞・日本スポーツ賞
  • ■上月財団 上月スポーツ賞(2回)

メディア出演

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。

イベントやセミナーをはじめ、様々な場面でアスリートを派遣したい。
でも、どのように依頼していいのかわからない…、という方は、まずお気軽にご連絡ください。

03-5537-8463

受付時間:9:30 - 18:00(土日祝日を除く)